スタッフプロフィール

みちのく童話賞スタッフ プロフィール(50音順)  2024年1月1日現在

井嶋敦子:新潟市出身 秋田市在住
         小児科医

『ひまりのすてき時間割』(童心社)、『たべられないよ アレルギー』」(紙芝居脚本 童心社)、「生まれたての笑顔」(『ふしぎ日和』文庫主婦の友社 収録)など、医療現場の経験をもとにした作家活動を行っている。『ひまりのすてき時間割』が第7回児童ペン賞童話賞・令和4年厚労省児童福祉文化財・令和5年秋田医学会功労賞。

日本児童文芸家協会・日本児童文学者協会会員・「季節風」同人
ブログ 川天使空間 

 

岩崎まさえ:岩手県奥州市在住 
           

作品に「なくなった足音」(『だいすきミステリー1』偕成社に収録)
「ぼくの『図書委員になってしまったのだ』日記(『心にひびくお話 高学年』学習研究社に収録)・「増え続けたウサギ」(『奇妙におかしい話 わくわく編』光文社文庫に収録)「父さんの仕事着」
日本児童文芸家協会つばさ賞佳作受賞、
「きょうはあかまる」で日本新薬こども文学賞優秀賞受賞ほか。

日本児童文芸家協会会員

おおぎやなぎちか:秋田市出身 東京都在住 
       児童文学作家・俳人

児童文芸新人賞『しゅるしゅるぱん』(福音館書店)、児童文芸家協会賞『オオカミのお札』シリーズ・『アテルイ 坂上田村麻呂と交えたエミシの勇士』(くもん出版)『家守神』シリーズ(フレーベル館)、『ヘビくんブランコくん』(アリス館)『ファミリーマップ』(文研出版)『わくわく子ども俳句スクール』シリーズ、『友だちの木』(国土社)『おはようの声』(新日本出版)他。児童ペン賞企画賞『なみきビブリオバトルストーリー 本と4人の深呼吸』共著(さ・え・ら書房)。
岩手、秋田、東京を行き来し執筆をしている。

日本児童文芸家協会・日本児童文学者協会会員・「季節風」「童子」同人( みちのく童話会代表 ) 
 ブログ fromイーハトーヴ
 おおぎやなぎちかX(twitter)  

おしのともこ:東京都出身 宮城県在住 
       イラストレーター、子どもの居場所「アートのたからばこ」代表

武蔵野美術大学卒業後、文房具のキャラクターデザイナーを経てフリーに。
挿絵を担当した本に『おかあちゃんに きんメダル!』いどきえり著『センニンじいさん しゅぎょうちゅう!』横田明子(共に国土社)自著に『ねこりん&ねこたん ほんわかにゃんこびより』

児童文芸家協会会員、編集委員
おしのともこInstagram 
ブログ アトリエたからばこ
おしのともこ X(twitter) 

 

佐々木ひとみ:日立市出身 仙台市在住 
      児童文学作家・コピーライター

『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)で椋鳩十児童文学賞を受賞。同作は映画「ゆずの葉ゆれて」として映画化。『ぼくんちの震災日記』(新日本出版社)で児童ペン賞童話賞を受賞。 主な作品に、『兄ちゃんは戦国武将!』(くもん出版)、『七夕の月』(ポプラ社)、『波乱に満ちておもしろい ストーリーで楽しむ伝記(2) 伊達政宗』、『もののけ温泉 滝の湯へいらっしゃい』(岩崎書店)、『ドラゴンのなみだ』(学研プラス)、『イギリスを歩いてみれば』、『英国アンティーク夢譚』(KKベストセラーズ)、共著に『みちのく妖怪ツアーシリーズ』(新日本出版社)、共訳に『チェンジ! ぼくたちのとりかえっこ大作戦』『ぼくらは小さな逃亡者』(アレックス・シアラー著/ダイヤモンド社)などがある。

日本児童文芸家協会・日本児童文学者協会会員・「季節風」同人
 HP 高原社

 

田沢五月:岩手県奥州市在住 
        児童文学作家

第3回童話の海入選作『ゆびわがくれたプレゼント』(ポプラ社)、『リーナのイケメンパパ』(国土社)、第8回子どものための感動ノンフィクション大賞優良作品『海よ光れ!3.11被災者を励ました学校新聞』(国土社)、岩手県芸術選奨受賞『田老の町で生き抜いて』(宮古民友社)
「ずんだもちをつくったよ」『ごちそう大集合4 誕生日のたこ焼きパーティー』(偕成社)に収録「雪の日のぬいぐるみ」『ほんとうに心があったかくなる話2年生』(ポプラ社)に収録
「まっ白ごはんが好きだから」『家族っていいね5、6年生』(PHP研究所)に収録
「山小屋」『ふしぎ日和』(主婦の友社)に収録 ほか
「みちのく妖怪の町『旅館河童屋』」で遠野物語百周年記念文学賞受賞

日本児童文学者協会会員、「ふろむ」「季節風」同人、岩手児童文学の会会員
HP  田沢五月公式サイト 

千秋つむぎ:山形県生まれ  
    

日本児童文芸家協会会員・「季節風」同人


ちばるりこ:盛岡市在住 
         児童文学作家

第26回小川未明文学賞大賞受賞『スケッチブック 供養絵をめぐる物語』(Gakken)、同作は2023年に舞台化。
「シャンプーのボトルから」『銀の鈴 ものがたりの小径 発見』(銀の鈴社)に収録。
「キジ撃ち」で第14回北日本児童文学賞優秀賞受賞。

日本児童文学者協会会員・「ふろむ」同人・岩手児童文学の会会長

 

野泉マヤ:茨城県出身 宮城県在住 高等学校の理科教諭として勤務の後、
      児童文学作家 宮城県森林インストラクター

第26回福島正実記念SF童話賞大賞『きもだめし☆攻略作戦』(岩崎書店)。『へんしん!へなちょこヒーロー』(文研出版)は、宮城県をはじめ全国各県の課題図書、お薦め図書に選定。『満員御霊!ゆうれい塾』シリーズ全4巻(ポプラ社)、「妖怪ラボ」(河北新報夕刊にて連載)。佐々木ひとみ、堀米薫との共作として『みちのく妖怪ツアー』シリーズ(新日本出版社)。

創作集団プロミネンス会員・児童文芸家協会会員
 HP 子どもの本の作家 野泉マヤ

 

堀米薫:福島出身 宮城県在住 
     農家(水稲、和牛、林業)&児童文学作家

『チョコレートと青い空』(そうえん社)で、児童文芸新人賞、全国課題図書。『金色のキャベツ(そうえん社)』が全国感想画コンクール課題図書。『あきらめないことにしたの(新日本出版社)』で、児童ペン賞大賞。他に『あぐり☆サイエンスクラブシリーズ全三巻(新日本出版社)』などの読み物のほか、絵本の『ゆうなとスティービー(ポプラ社)』、東日本大震災のNF作品『命のバトン(佼成出版社)』など多数。
作文、童話のコンクール審査員を務める他,教育、生涯学習、読書、読み聞かせ、食育など、多方面で講演会を行っている。

日本児童文芸家協会理事 
堀米薫 X(twitter) 

みどりネコ:秋田県横手市出身 宮城県名取市在住 
      日本ビジネススクール仙台校デザイン学科Ⅱ部卒業

『まほうの天ぷら』で第1回みちのく童話賞大賞受賞。第1回みちのく童話賞作品集『まほうの天ぷら』(国土社/電子書籍)に収録。

 日本児童文芸家協会会員 
 みどりネコ X(twitter)

 

もえぎ桃:青森県出身 仙台市在住
      エンタメ児童書作家

『トモダチデスゲーム』シリーズ(青い鳥文庫)。『小説ブルーロック 戦いの前、僕らは』シリーズ(講談社)、『恐怖文庫』(新星出版)、『1話ごとに近づく恐怖 百物語』(文溪堂)

日本児童文芸家協会会員・「季節風」同人
もえぎ桃 twitter

吉田桃子:福島県郡山市在住 
       児童文学作家

著書に『ラブリィ!』(児童文学者協会新人賞受賞)『moja』『ばかみたいって言われてもいいよ』(講談社)「お楽しみはこれからだ」2019年雑誌「日本児童文学」に連載

日本児童文学者協会会員

スタッフブログ